サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

多くの企業で導入されているクラウド。セキュリティやネットワークの課題をご紹介

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

社内システムクラウド化の意外な課題

社内システムが動くサーバ群は、企業にとって心臓部ともいえる重要な資産です。しかし、中小企業においては情報システム部員は本業との兼務させていたり、サーバ自体も老朽化しているのはわかっていながら動いているうちはなかなかリプレースに踏み切れないなど、重要性の割りに情報システム管理に費す企業リソースは非常に少ないのが現状です。そのような企業ほど、社内システムをクラウド化することで、多くのメリットが期待できますが、その裏には、やはりいくつかの課題を抱えています。社内システムをクラウド化するにあたっての独特な課題とはどのようなことがあるのか、見ていきましょう。

セキュリティの課題

システム運用において企業がもっとも恐れることは、セキュリティ問題です。サーバには企業の重要な情報資産が詰め込まれています。個人情報漏洩事件などは頻繁にニュースでも取り上げられている通り、情報漏洩などを起こしてしまうと、企業は一気に信用を失い、賠償や訴訟対応、さらに営業業績の悪化など次々と負担を背負うため、悪くすれば倒産することさえありえます。
また、クラウドシステムは、インターネットを利用することが前提ですので、社内のクローズネットワークに比べて外部からの攻撃を受ける危険性は格段に高くなります。そのため、クラウドと接続するネットワーク環境をVPNでつなぐなどの対策も考える必要が出てきます。

ネットワークの課題

従来から、社内システムなど重要なシステムについては、VPNなどオープンではないネットワークを構築し、利用する動きがありました。
クラウド化する際に、どうようのネットワークが構築できるかどうかも課題の一つです。インターネットというオープンなネットワークを使ってシステムを利用することは、社内規約的にも許可されない企業も多いでしょう。このネットワークの課題は、クラウド化を検討する際に、見落としがちなポイントでもあります。最近では、VPNに対応したクラウドサービスも登場していますので、きちんと確認しましょう。

移行に伴う課題

新規にシステムを導入するのであれば、問題にはならないでしょうが、既存のシステムをクラウド化する場合、データ移行や、操作方法の違いなど、システム移行に関するトラブルも度々発生します。それまでの物理サーバから仮想サーバへ以降するPtoVといわれる作業が必要となり、これにも専門的な知識やスキルが必要となってきます。ここでつまづくことも多くあるようです。既存システムからクラウドへのデータ移行には、想定以上に手間も費用も必要になってきます。その見積りを忘れてしまうと予算が合わなくなってしまい、途中でクラウド化を断念することにもなりかねません。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.