サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

仮想サーバ環境の物理サーバの管理の重要性を語る

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

仮想サーバ環境での物理サーバの管理

最近では、サーバ一台に搭載できるCPUコア数は24にも達しています。単純に考えると、物理サーバ一台で、20以上の仮想サーバを動作させることも可能になりました。そんな中、重要になるのは、仮想サーバ環境における物理サーバの管理です。仮想化するということは、物理サーバのトラブルが及ぼす影響範囲が広がるということ。先ほどの例でいえば、1台の物理サーバのトラブルが20以上の仮想サーバに影響を及ぼすということを念頭におかなければなりません。

物理サーバ管理の重要性

前述のとおり、物理サーバ一台で動作させることができる仮想サーバの台数は増加しています。しかし、それにともなって物理サーバの障害が、複数の仮想サーバに影響を与える影響が広範囲になってきています。障害による物理サーバのダウンが及ぼす影響を考えると、物理サーバの稼働監視や障害対策などのサーバ管理はより一層の最重要課題になってきます。

管理方法にも変化

今までは、何十台もの仮想サーバが動作するようなことは想定されていませんでした。
管理ツールも、物理サーバと、仮想サーバのそれぞれにインストールし、個別に管理していました。しかし、もうこの方法では十分な運用管理はできないでしょう。物理サーバと仮想サーバを、シームレスに管理できる必要があります。また、複数の仮想サーバを載せた物理サーバが、複数台あるようなケースもたくさんあるでしょう。そういう現場では、物理サーバと仮想サーバを紐付けて管理できるツールが必須になります。このように、稼働できる仮想サーバの台数が増えたことで、管理方法も多様化しています。
サーバメーカーは、対応する管理ツールを続々とリリースしているので、サーバエンジニアであればメーカ毎の特色など調べておいて損はないでしょう。今では、ハードウェア管理はもちろんのこと、OSの自動インストール、遠隔操作、電力管理など、多くの管理機能をもったものが提供されています。

進化する管理ツール

今や仮想化技術は、サーバメーカ、OSメーカー、SIerそれぞれの企業において、重要なソリューションになっています。そのため、サーバ管理ツールの高度化、保守性を高める機能など、各社競ってリリースしています。中には、実行中の仮想サーバをダウンタイム無しに別の物理サーバへ移動させることができるものも登場しています。進化が止まらないサーバの仮想化技術に乗り遅れないように、最新情報は常にチェックしておきましょう。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.