サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアが仮想サーバの導入とこれからについて語る

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアが語るサーバ仮想化の導入とこれからの記事一覧

サーバ系のフリーエンジニアとして過ごす日々の中、仮想化に関わるケースが非常に増えています。システム構築における仮想化の登用はもちろん、リプレイスに合わせたサーバ統合、新規導入構築などをきっかけに一般企業でも次々に仮想化を導入しています。一見、いいことづくめに見えるサーバの仮想化ですが、実態としてはそうとも言い切れません。特に、仮想化によってサーバエンジニアにかかる負担や負荷は様々です。課題はあるもののメリットも多い、仮想化サーバの導入において、コスト削減など導入する企業が受けるメリットはもちろん、それを直接扱うエンジニアとしてもメリットを見出したいところです。あらゆる課題に対して、いかに柔軟に対応していくかが肝になるでしょう。サーバ仮想化と直面するサーバエンジニアの実態、課題、そして今後の動向について語ります。

仮想サーバ環境での物理サーバの管理

仮想サーバ環境での物理サーバの管理 サーバを仮想化することによって考えなければならないのは、物理サーバの管理です。物理サーバ1台につき複数の仮想サーバを動作させることができる仮想化サーバ環境では、物理サーバ1台がダウンすることは、その中で動いている複数の仮想サーバがダウンすることを意味します。また、複数の物理サーバで複数ずつの仮想サーバを動かすのであれば、どの物理サーバに何の仮想サーバが動いているのかを紐付け管理しなければなりません。管理ツールなどを用い、物理サーバと仮想サーバをシームレスに管理することが重要になります。

サーバ仮想化導入のジレンマ

サーバ仮想化導入のジレンマ 一般企業にもどんどん浸透している仮想化サーバの導入ですが、二の足を踏む企業も少なくありません。その原因をひもといていくと、サーバの仮想化におけるジレンマともいえる様々なハードルが見えてきます。「複数台のサーバ機を1台に集約」という売り文句はその通りで何も偽りはありません。しかし、いまや企業にとってサーバは重要な情報資産の蓄積所であると同時に、サーバが止まることによって営業活動自体が止まってしまう程の重要性とリスクを持つものです。仮想化することにより、物理サーバ機1台ずつの重要性はさらに上がり、その対応に必要なコストが余分に発生してしまうのです。

社内システムクラウド化の意外な課題

社内システムクラウド化の意外な課題 企業にとって非常に重要な社内システムですが、特に中小企業においては、人的にも費用的にも社内システム管理にさけるリソースはきわめて少ないという企業が多いでしょう。そのような企業ほど、システム管理をまるごとアウトソースできるという意味も含めて社内システムのクラウド化は、多くのメリットが期待できます。実際に多くの企業でクラウド化をすすめています。しかし、そこにもやはり、ある種のハードルは存在します。社内システムをクラウド化するにあたっての課題について説明します。社内システムのクラウド化においては、これらの課題をきちんと把握し、計画的に進めることが大切です。

仮想化はサーバ管理者を救うのか

仮想化はサーバ管理者を救うのか サーバ管理者がもっともおそれる、サーバトラブル。トラブルが発生すれば、何時であってもどこにいても駆けつけて対応しなければなりません。仮想化サーバにすればトラブルがなくなるわけではありませんが、その対応が楽になる可能性があります。また、仮想化によってサーバ管理者が楽になるシーンといえば、やはりサーバ増設時でしょう。物理サーバごと増設しなければならない場合と比較すると、仮想化サーバでの増設は格段に手間が省けます。さらに、物理サーバ増設に伴ってサーバ管理者の頭を悩ませるサーバルームの環境の問題も、仮想化によって一挙に解決できるでしょう。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.