サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

コストや性能面でのサーバの仮想化のメリット・デメリットをご紹介

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバの仮想化のメリット・デメリット

サーバー系フリーエンジニアとして働く中でも、フリー古くなったサーバのリプレースや、新規のサーバ環境構築に仮想化技術を用いる場面が増えてきています。サーバの仮想化にはメリットも多くある反面、やはりデメリットもあります。フリーエンジニアとして様々な仮想化案件に携わりながら実感している、サーバを仮想化することのメリットとデメリットを説明します。

メリット

仮想化サーバの売り文句通り、コスト削減は大きなメリットと言えるでしょう。
まず、導入するためのコストを低く抑えられます。通常、サーバを導入する際は、ハードウェアを都度購入しなければなりません。仮想化技術を採用すれば、都度ハードウェアを購入しなくても済みます。
購入するのは、仮想化を実現するためのソフトウェアのみです。
また、ハードウェアの購入には、リードタイムが発生します。サーバは、パソコンに比べCPUやメモリ、ストレージといった部品をフレキシブルに選択できるようになっています。そのため、受注生産がほとんどで、納品までに時間がかかるのです。費用と時間の両方のコストを削減できるのが一番のメリットでしょう。
サーバ運用にかかる費用は導入費用だけではありません。ランニングコストも重要なポイントになります。ランニングコストとは、サーバを稼働させるためにかかる費用のことです。具体的には、電気代、場所代、保守費用がそれにあたります。サーバの仮想化とは、前項でも記載したとおり、物理的なサーバは一台で、その中で複数のOSを動作させることができる技術です。仮想化を使わず、複数のサーバを稼働させれば、台数分の電気代、保守費用が発生するだけでなく、大きなサーバを安定した場所に設置するための設備費用も多く発生することになります。
仮想化を採用することにより、これらの維持費用が1台分におさめることが可能になります。

デメリット

仮想化サーバの最大のデメリットは、性能が劣ることです。
どんなに優れた仮想化技術でも、それを動かす大元の動力源は、一台のサーバであることにはかわりはありません。一台分のCPUやメモリで、複数のOSを同時に動作させるわけですから、性能が劣るのは当然のことです。そのため、サーバのハードウェア能力をフルに使うようなシステムには、仮想化は向いていません。
また、サーバのハードウェアに障害が発生した場合、そのサーバで動作する仮想化された複数のサーバ機能がすべてダウンしてしまうのもデメリットといえるでしょう。しかし、仮想化されたOSの冗長化は、仮想化されていないものに比べ容易で安価にできるというメリットもあります。通常、サーバを構築する際は、冗長化は欠かせませんから、トータル的に考えるとメリット、デメリットのどちらでもあると言えます。
いずれにせよ、無計画に仮想化を導入すれば全体が複雑になり、最悪の場合は運用管理の手間がむしろ煩雑になる可能性もあるということを念頭におき、ストレージの運用管理までを含めたトータル的に計画性のあるサーバ統合を進めるべきでしょう。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.