サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

システムの信頼性、保守性、運用容易性の向上させるシステム運用をご紹介

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバの仮想化・クラウド時代のシステム運用のあり方

前述のとおり、これからのクラウド時代は、仮想化がシステム運用のポイントになります。その一方で、システム運用は益々複雑化、多様化しています。このような状況の中、サーバエンジニアとして、「止まらないシステム運用」を実現していくために何が必要なのでしょうか。

これからのシステム運用

今まで、仮想化を用いたシステム運用の目的は、主にハードウェアの老朽化にともなう延命化や、サーバの統合化でした。
しかし、前項でご説明したプライベートクラウドを導入する企業が増えると考えられるこれからは、ITリソースを最適化し、コストを最大限削減するのが主目的になっていくでしょう。
そうなると、システムが複雑化していき、運用管理の重要性が益々必要になっていきます。仮想化にすることのメリットを最大限享受するためにも、運用面をきちんと検討し、効率よく運用していかなければなりません。そのためには、保守性や容易性の向上といった運用ノウハウや、スキルがサーバエンジニアに重くのしかかるのです。

これからの運用管理

これまで、サーバ管理は、エンジニアの能力に頼りきっていました。
もちろん、ツールなどエンジニアを補助するものはたくさんありましたが、基本的にはエンジニア個人に委ねられていました。しかし、これでは運用管理を高度化させられるわけがありません。重要なのは、運用の見える化と共有化。そして、標準化と自動化です。
見える化と共有化とは、稼働状況、トラブル発生などの見える化と、運用ノウハウの共有化を指します。何がどうなっていて、何をすれば良いのかが、エンジニア全員で把握、共有される仕組み作りが重要になります。
標準化とは、作業手順を定めることをいいます。ベテランエンジニアしか作業ができないといった、属人性を排除するためです。作業ミスを防ぐだけでなく、どのエンジニアでも作業ができるようにすることで、品質の均一化も図ることができます。
また、自動化できる作業は、バッチファイルを作成するなど、極力自動化するように心がけます。これもミスを防ぐことができますし、作業時間の短縮にもなります。

専門のソリューションを導入する

サーバ管理を必要とする企業において、運用管理の高度化は経営課題の一つでもあります。
伸びている分野でもあるため、経営資源を投入しやすい部分でもあるでしょう。大手IT企業では、ノウハウの提供などのコンサルティングから、運用オペレーションを効率化させるソリューションなど、様々なサービスを提供しています。自社内だけではなかなか進まないシステム管理の高度化などにおいては、このようなサービスを導入してみるのも効果が出やすい方法です。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.