サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアがサーバの仮想化のメリット・デメリット、クラウドについて語る

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアが語るサーバの仮想化とはの記事一覧

仮想化ソフトを使い、1台の物理サーバで、複数台のサーバ機があるかのような環境を仮想的に構築することができるサーバの仮想化技術。サーバ系エンジニアは今後あらゆるシーンで活用・駆使することになる技術でしょう。また、SIerやベンダーはこぞって、「コスト削減!」、「スペース圧縮!」、「効率化!」、など、いかにも企業が好みそうな謳い文句でプッシュしています。そのため、企業のシステム管理者は、「仮想化の導入検討して」、「クラウド化したい」という会社からのざっくりとしたフリにも対応できるようにしておく必要があるでしょう。サーバの仮想化は、無計画に導入すれば、むしろ非効率な構成になり、自らの首もしめる危険をはらんでいます。本当にコスト削減は可能なのか?効率化できるのか?そもそも仮想化とは何なのか。サーバの仮想化とクラウドについてお話します。

サーバの仮想化とは

サーバの仮想化とは 「サーバの仮想化」は、サーバ系に限らず、全てのエンジニアがおさえておくべきトレンドと言えるでしょう。エンジニアから見たサーバの仮想化はメリットばかりではありません。しかし、大小問わずあらゆる企業で仮想化技術を使ったサーバ統合が進んでいる様子からも、サーバの仮想化は今後の主流になることが予測されます。そこでまずは、そもそもサーバの仮想化とはどういうことなのか、仮想化することによって何ができるのかなど、サーバの仮想化の概要についてあらためて確認しておきましょう。

サーバの仮想化のメリット・デメリット

サーバの仮想化のメリット・デメリット サーバの仮想化を進めるにあたっては、そのメリットとデメリットをきちんと認識しておきましょう。サーバの仮想化によって、物理的に複数台必要としていたことを1台のサーバ機におさめることができるため、導入費用だけでなくランニングコストも大きく抑えることができます。エンジニアとしては、サーバを仮想化することによるメリットを最大限享受するためにも、仮想化によるデメリットをしっかりと認識し、最適な導入を図りましょう。仮想化による失敗はエンジニアがもろにかぶることになるため、注意が必要です。

サーバの仮想化とクラウド

サーバの仮想化とクラウド サーバの仮想化と関連が高いワードと言えば、まさに今大流行のクラウドでしょう。クラウドという言葉の意味を知らない人も、クラウドには無関係だと思いこんでいる人も、スマートフォンなどを使う上で知らず知らずのうちに利用しているクラウドサービス。そんな現代のクラウド時代を支えているのが、まさに仮想化技術です。仮想化技術がなければ、クラウドサービスはここまで普及しなかったと言っても過言ではありません。クラウドサービスの提供において仮想化技術が必要である理由、クラウドと仮想化技術の関係性について説明します。

サーバの仮想化・クラウド時代のシステム運用のあり方

サーバの仮想化・クラウド時代のシステム運用のあり方 システム運用においていつの時代も重要課題となるのは、「止まらずに安定して稼動し続ける信頼性」であり、「トラブル時の迅速な復旧」です。これらを満たすシステムを「できるだけ手間をかけずに効率的に運用」するために運用容易性の向上も追及しなければなりません。サーバの仮想化とクラウド時代において、これらを満たすために、考えるべきシステム運用のあり方について説明します。仮想化を用いたシステム運用の目的自体の変化も予測されることから、サーバ系エンジニアの知識とスキルはますます重要になっていくでしょう。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.