サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

クラウド時代にサーバエンジニアが生き残る術を語る

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバエンジニアが生き残るために

「クラウドが普及すると、サーバエンジニアは失業する」と言う人もいるようです。クラウドが普及する→サーバ管理者が不要になるという図式で、サーバエンジニアの働き口が減るという理論です。しかし、単純に職が無くなるというのは早とちりです。クラウドサービスはサーバを意識せず使えるだけであってサーバが無いわけではありません。これからの時代は、クラウドを支えるサーバエンジニアになるべきなのです。

サーバエンジニアとは

昔は、サーバエンジニアやネットワークエンジニアといった区分はありませんでした。みんな、当然のようにプログラムも書いていた時代でした。それが、徐々にサーバ、ネットワーク、プログラマと分かれていったように思います。サーバエンジニアは、作ったものが作ったとおりに動くのが喜びです。手塩にかけて構築したサーバほど愛着が湧いてきます。
出来上がったサーバは、イメージファイルにしてとっておき、それをブラッシュアップしていく。サーバエンジニアとは、地道な職人のようなものです。
また、サーバの全責任を負うのもサーバエンジニアの仕事です。ルート権限を持っているということは、なんでもできる代わりに、番人としてサーバを守るという重大な責任を負うことを意味します。
数は少ないとはいえ、こちらにあるように案件はあり、専門性が必要とされている職業です。

クラウドの番人になれ

クラウドサービスも、サーバエンジニアがいてこそ実現できることです。
しかし、サーバに関する新技術も日々登場しています。単純なサーバ構築しかできないエンジニアは、やはりこの先のクラウド時代を生き残っていくのは厳しいのかもしれません。
クラウドを始め、仮想化、クラスタリングなど、新しい動きはたくさんあります。それら全てを知っておくことはサーバエンジニアとして、当たり前のことですし、基礎がある人には簡単なことです。プライベートクラウドといった動きも普通に聞くようになってきました。日々、努力を惜しまず、クラウドサービスを守り、この先のクラウドを支えるようなプロフェッショナルなエンジニアを目指すことが、サーバエンジニアとして生き残っていく最大の術でしょう。

他の道も?

サーバエンジニアとして培ったスキルや知識をサーバの運用管理以外に活かすという考え方もあるでしょう。例えば、クラウドを使う側でクラウドサービスを使いこなすエンジニアリングという道もあるかもしれません。また、データの活用や、サービスの利用、改善をアシストするようなコンサルティングの道もあるかもしれませんね。サーバエンジニアであれば、ただサーバという道具を守っているだけでなく、道具の活用方法も良く知っているはずです。
技術以外に、付加価値を高めて自己アピールしていくといった方法も生き残る道かもしれません。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.