サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

物理サーバとクラウドをパフォーマンスやコスト面で比較

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

物理サーバとクラウドを比較

前項でクラウドのメリットとデメリットを説明しました。それらを踏まえ、次はクラウドサービスと、自社でサーバを用意する物理サーバとの違いを比較してみましょう。利用用途によって物理サーバを用意した方が適しているケースも多いことがわかります。サーバエンジニアとしては、用途や目的に応じた最適な選択をしたいものです。

パフォーマンス

サーバでは、まずCPUの能力が一番重要になるでしょう。
クラウドサービスでは、仮想化などを利用していたり、安価なCPUを搭載したサーバを利用する場合が多いため、CPU能力で比較すると、物理サーバに軍配があがるでしょう。また、クラウドサービスでは、CPUやメモリなど物理的なリソースを複数のユーザでシェアする仕組みになっています。アクセスが集中したときなどに、突然パフォーマンスが低下するといったリスクがあることも忘れてはなりません。
ハードウェアの性能以外にも、ネットワークの性能も重要な要素です。クラウドサービスでは、比較的コストが低い海外のデータセンターを使っている場合もあります。ITネットワークも、物理的な距離が遠くなれば、その分遅延の発生にもつながります。ネットワークの性能は、サーバ自体の性能と同じくらいパフォーマンスに影響を与えます。

コスト

小規模の場合にはコストパフォーマンスが良いのですが、大規模になると反対にコストパフォーマンスは悪くなるのがクラウドサービスの特徴です。
多くのクラウドサービスでは、ユーザ数やデータ容量などによって、従量制の課金モデルになっています。小規模な場合は、それらが少ないので、コストも比例して少なく済みますが、大規模になれば逆に多くなるというわけです。物理サーバの場合は、初期コストなど導入までのコストが高いので、小規模の場合は、とても高くつくことになります。しかし、規模の拡大とコストの増額が、クラウドサービスに比べ緩やかなので、大規模になればなるほど、物理サーバの方がコストメリットがでてきます。

セキュリティ

前項でもクラウドのデメリットとして説明したとおり、クラウドサービスは攻撃者のターゲットにもなりやすく、安全とは言いがたいものがあります。また、実際にどこにサーバがあるかわからないので、設置されている国によっては、様々なリスクが生じます。
そういう意味では物理サーバならば、設置場所に関するリスクはまず無いといえるでしょう。セキュリティも含め、導入において自由に設計できるのが、物理サーバのメリットでもあります。設計次第で、セキュリティレベルは高めることも、低めることもできるのです。また、ハードウェアにおける冗長化や代替機など、可用性においても自由に設計できるメリットがあります。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.