サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

最近世の中をにぎわせている言葉「クラウド」。わかりやすく説明します

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

クラウドとは

数年前からのトレンドキーワードであり、このサイトでも度々登場している「クラウド」という単語。クラウドというキーワード自体を知らない人はいないと思いますが、クラウドについて本当に正しく理解しているでしょうか。おさらいの意味も含めて、今一度確認しておきましょう。

クラウドとは

クラウド、クラウドと言っていますが、本来はクラウドコンピューティングといいます。
なぜ、クラウド=雲 という単語を用いたのかは、諸説ありますが、昔からネットワーク図を書くときに雲の絵が用いられていたから。というのが有力です。また、インターネットなど、コンピュータネットワークは、接続先がどのようなサーバなのか意識することは少なく、不明確です。そんなモヤモヤしたものを表現するのに、雲という単語があっているのかもしれません。
クラウドとは、クライアントの端末(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)にデータ保存したり、処理をするのではなく、それらをサーバ上で行うことをいいます。クラウドというキーワード自体は新しいものですが、その実態自体は今に始まったものではありません。従来から存在していたWEBメールやグループウェアも、クラウドサービスなのです。
近年、モバイル通信などの大幅な普及によって、ほとんどの端末が常時インターネットに接続されています。そのような背景から、クラウドサービスに人気がでて、広く普及していったのです。

クラウドの種類

一言でクラウドといっても大きく3種類があります。
まずは、SaaS(サーズ、Software as a Service)です。
インターネット経由で、ソフトウェアの機能を提供するものです。クライアント端末にソフトウェアがインストールされていなくてもアクセスするだけで、そのソフトウェアの機能が利用できるようなものをいいます。WEBメールなどが代表例で、このサービスを利用すると、クライアントにメーラーをインストールしていなくても、ブラウザでサービスプロバイダにアクセスするだけで、メールの送受信が可能になります。
次に、PaaS(パーズ、Platform as a Service)です。
こちらは、一般の人が使うことはほとんどなく、開発者向けのサービスになります。マイクロソフト社のWindows Azureや、セールスフォース社のForce.comなどがこれに該当します。SaaSとの違いは、ユーザが利用できる機能に制限があるかどうかです。WEBメールは、メールの送受信しかできませんが、PaaSでは、ユーザが機能を自由に選択、又は開発することができます。
最後に、IaaS(イアース、Infrastructure as a Service)です。HaaS(ハース、Hardware as a Service)とも言われます。これは、サーバハードウェアやバックボーン回線などのインフラのみを提供するサービスのことをいいます。レンタルサーバなどと言われるサービスがこれに該当します。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.