サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

クラウドのメリット・デメリット、活用例をご紹介

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

クラウドサービス導入のメリット・デメリット

今や大人気で、一般の人々もたくさん利用しているクラウドサービスですが、もちろんすべてにおいて万能なわけではありません。特に、企業が導入する場合にはメリットもデメリットも存在します。サーバエンジニアはエンジニア目線でクラウドの利点と弱点を理解しておく必要があるでしょう。

メリット

クラウドサービスは、サーバやソフトウェアを所有するわけではありません。あくまで、サービスとして利用するだけであり、利用料を支払うだけです。企業では、サーバやソフトウェアなど高価なものは、資産管理をする必要がありますし、イニシャルコストや減価償却なども考えなければなりません。サーバやソフトなどの一式を所有せずに、利用料だけを支払うスタイルは、企業では採用しやすいスタイルなのです。
また、業務システムなどは、要件定義から導入、運用まで、多額の費用と時間がかかっていました。サーバもソフトウェアも納品までのリードタイムがありますし、導入を検討する段階から、多くの人が関与し、人件費も負担になっていました。ようやく運用がはじまってからも、メンテナンスが必要であったり、IT部門がないと、そのシステムを維持していくことができなかったりと、あらゆる面で大変な費用がかかるものでした。
しかしクラウドサービスを利用することで、これら様々なコストを最小限に抑えることができ、社内に専門家がいなくても容易に導入することが可能になります。場合によっては、サービスを使いたいときや、使った分だけ料金が発生するような料金体制のものもあります。経営側は、費用対効果が明確になり、効果的なIT投資が可能になります。

デメリット

クラウドサービスは、機能がある程度パッケージ化されており、カスタマイズがほぼできません。
同業他社との差別化ができず、アクシデントに対応できないリスクもあります。また、サービスの提供は、すべてその提供会社に委ねられ、倒産やサービス終了、システムダウンなどのリスクもあります。一度運用にのってしまったシステムを変更するのは、容易ではありません。サービス内容だけではなく、サービスを提供する事業者もよく見極めて利用を開始する必要があります。
そして、クラウドを利用する最大のリスクは、セキュリティ面です。
外部の企業に大切なデータなどを預けるわけですので、社内規程によってはサービスを利用できない場合もあるでしょう。クラウドサービスは、インターネットを利用するのが前提になりますので、悪意を持った攻撃者の対象にもなりやすいものです。
サービスを利用する上で、どのような情報が保存されるのか、そのデータが消滅したときや漏洩した場合などの最悪の状況を想定しながらサービスを選択しなければなりません。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.