サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアがクラウドのメリット・デメリット、クラウド時代にサーバエンジニアが生き残るためにすべきことをご紹介

サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ

サーバ系フリーエンジニアが語るクラウドの記事一覧

クラウドという言葉がトレンドキーワードとなってから、クラウドはあっという間に普及しました。スマートフォンやタブレットの普及により、クラウドという言葉を知らない人々も、クラウドであることを意識せずクラウドサービスを利用しています。数年前までは「クラウド」という言葉自体が売り文句になっていたものが、今では当たり前になりつつあり、珍しくもなくなりました。そんなクラウド時代に突入し、サーバエンジニアとして考えておくべきこととは一体何でしょうか。クラウド時代に入りサーバエンジニアが失業するという説も見聞きしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?クラウド時代を生きるフリーサーバエンジニアの目線で、クラウドについて語ります。

クラウドとは

クラウドとは ニュースや新聞にも登場するITのトレンドキーワードといえば「クラウド」ですね。今このサイトを訪れてくれている人の中で、クラウドという言葉自体を聞いたことがないという人はほとんどいないと思います。それでは、「クラウドって何?」という質問に、正しく答えることはできるでしょうか。クラウドとはどんなものなのか、何となくは理解しているけれど、具体的にはよくわからないという人もいるかもしれません。そこで確認のために、「クラウド」とは一体どういうものなのかを簡単に説明します。クラウドという単語は新しいキーワードですが、クラウドの仕組み自体は従来からあるものです。

クラウドサービス導入のメリット・デメリット

クラウドサービス導入のメリット・デメリット 大ブームとなっているクラウドサービス。サーバやソフトウェアを用意する必要がなくすぐに使い始めることができるクラウドサービスは、個人はもちろん、企業においてもうまく活用すれば様々なメリットがあります。しかし企業が導入する場合にはそれなりのリスクもあるので注意が必要です。企業がクラウドを導入・利用するにあたって考えられるメリットとデメリットを整理してみます。何事も同じかもしれませんが、メリットを活かして有効活用するためには、デメリットをまずしっかりとおさえることが必要です。

物理サーバとクラウドを比較

物理サーバとクラウドを比較 クラウドサービスの普及に伴い、クラウドを利用するか、自社でサーバを用意するかという選択を迫られるシーンも増えてきます。一見、クラウドの方があらゆる面で勝るように感じるかもしれませんが、利用用途や目的によって、そうとは言い切れない部分が多々あります。ここでは、パフォーマンス、コスト、セキュリティという3つの視点で両者を比較していきます。これらの違いは、サーバエンジニアなら基本としておさえておきたい知識です。総合的にみて、クラウドサービスは今のところどちらかといえば小規模向きと言えそうです。

サーバエンジニアが生き残るために

サーバエンジニアが生き残るために クラウドが普及することで働き口がなくなるのでは・・・と、クラウドの普及を脅威に感じているサーバエンジニアもいるかもしれません。しかし、サーバエンジニアであれば、クラウド時代に合わせてクラウド側に回るサーバエンジニアを目指せばよいのです。サーバエンジニアに限らず、IT技術者は日進月歩のIT技術を操る職人です。常に最先端の技術についていかなければなりません。新しい技術に触れる瞬間のスタートはベテランもビギナーも同じです。クラウドに限らず、どんな分野であっても、いかに早く情報をキャッチし、率先して取り込むか。それが、エンジニアとしてIT時代を強く生き残るためのセオリーです。

おすすめ記事

サーバの仮想化とは
サーバの仮想化のメリット・デメリット
サーバの仮想化とクラウド
Copyright © 2014 サーバを愛するすべてのフリーエンジニアへ All Rights Reserved.